抗うつ薬ニュース記事一覧

「発達障害」「ADHD」や「アスペルガー症候群」「自閉症」などのワードを耳にしたことがある人は多いと思いますが、その事実(ファクト)についてどれくらい理解しているでしょうか。発達障害の特徴や症状は多岐にわたり、心療内科や精神科など、医療の現場にいる「プロ」の医師ですら、発達障害を見落とすケースがあるのだといいます。私たちは自分自身が「発達障害ではない」と断言できるでしょうか? 物事に柔軟に対処でき...

ダイアモンドオンライン 10/30(水) 6:01配信ちょっと驚きですが、うつ病に効果が認められるサプリメントが研究で明らかに。うつ病サプリ英国とオーストラリアの研究グループは、精神疾患の治療において、サプリメント(サプリ)の安全性と有効性を評価した「質の高い」横断解析33件、1万0951人分のデータを詳細に分析。研究の理由は、 うつ病や不安障害、統合失調症などの気分障害および精神疾患と、オメガ3...

タレントの田代まさしさんが、薬物所持で再逮捕。桑マン「マジで悲しい」のはマーシ−逮捕ではなく…ファン「違う、そうじゃない」 https://t.co/NE9VF5aJBx #桑野信義 #田代まさし逮捕— イザ!編集部 (@iza_edit) November 7, 2019 覚せい剤ってやっぱりこわいですよね。でも、抗うつ剤と覚せい剤は、極めて成分が似ているんです。行ってみれば、覚せい...

沢尻エリカがMDMAの所持、麻薬取締法違反で逮捕。徹子の部屋も元気そうにでてたのに、残念です。でも、沢尻エリカ容疑者は過去にはまだ犯人とは限りません。ただ2007年には【「合成麻薬」実は抗うつ薬 誤認逮捕招いた】なんてこともありました。無灯火で警官に職務質問を受けた男性が「合成麻薬を持っている」として逮捕された。ところが、鑑定してみると、麻薬だとされたのは抗うつ剤だった。この時に発見されたのは、財...

うつ病の治療のつもりが、薬物依存の副作用のリスクも。週刊現代で特集された、「名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」」https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52832?page=3「抗うつ病薬は、製薬会社が儲けるために作られたものなので、私は飲みたくありません。実際、以前勤務していた病院で、うつ病だと診断されていた患者さんのほとんどは低血糖、低血...

有安杏果さん、ご結婚おめでとうございます。元ももクロの有安杏果さんが、精神科医先生とご結婚。ただこの結婚、医学界からも問題視されています。 この投稿をInstagramで見る ♪? ? ? ファンの皆様へ? ? いつも温かい応援ありがとうございます。? 私、有安杏果はこの度11月23日に兼ねてから結婚を前提にお付き合いしていた一般男性の方と入籍致しました事をご報...

「気軽な睡眠薬の服用」のはずが“薬物中毒”へ…医師が警告する危険性日本が睡眠薬の消費量が世界一。仕事や人間関係のストレスで眠れない、ということは日常生活であり得る話です。ところが睡眠薬はすぐ処方され、どんどん強力な効果を求めるようになります。特に眠りが浅くなる高齢者への処方は当たり前に行われます。さらに、発達障害者の子供に対しても処方されるようになって来てるんです。医師の内海聡氏によると、睡眠薬副...

新薬「エスケタミン」の主成分は「ケタミン(S型)」。国内で率先してうつ病治療におけるケタミンの効果を研究する千葉大学の橋本謙二教授は「従来のうつ病治療薬には見られなかった劇的な効果がケタミンにある」と指摘。 ケタミンは1970年代に麻酔薬として認可。その後、幻覚や妄想などの副作用からパーティードラッグとして乱用され、日本では2007年、麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定。特定の症例にのみ使われてき...

認知症薬の副作用で殺人まで。まず、抗うつ薬などで生気がなくなったり、落ち着きを失ったり、認知機能が低下する症状を「薬剤起因性老年症候群」といいます。名前がつくくらいに患者が増えているんですね。認知症の場合は、人生の最後を悲惨な終わり方にしてしまう場合も。副作用「殺人」という事例もアトモキセチン塩酸塩/ストラテラの副作用で、「殺人」として記録されている一例です。さすがに「殺人」は少ないのですが、ここ...

アメリカのジョンソン・エンド・ジョンソンが、8600億円の懲罰的賠償義務。理由は、統合失調症薬の副作用によるもの。かつ、10代の患者向けに「リスパダール」の不正なマーケティングを行ったから。https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-09/PZ366GDWRGG001リスパダールは、自閉症などの向精神薬。子供の時からリスパダールを処方されてい...

新型コロナウイルスの影響で、生活不安や運動不足などで精神的な疲労を感じることをコロナうつと呼ぶそうです。特に在宅勤務をしたくてもできない人は、相変わらず満員電車での通勤です。さいわい満員電車での感染は確認されていませんが、普通にストレスですよね。関西福祉大学の勝田吉彰教授(渡航医学、メンタルヘルス)は「接客業など在宅勤務できない人が心配」とコメントされていました。「特に問題なのはクレーマー対応。ド...

ストレス診断!心のチェックは、精神看護学者川野雅資先生監修によるストレスから分析ができるサイトです。新型コロナで心配される心のストレス。自宅待機中でもメンタルに負担をかけているか以内か?どう対処したら良いのかなどのヒントになりそうですね。心の状態から身体的な面まで細かく診断結果が表示されます。精神看護学者監修だけあって、診断が本格的ですね。【https://www.genic-net.com/st...

神経幹細胞だけに絞ったアメリカ合衆国のベンチャー企業がニューラルステム社で、さいきんはうつ病の治療薬にも参入しているんですね。そもそもニューラルステム社が進めている治療は、神経幹細胞をつかったもの。脳卒中、脊髄損傷、ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis(筋萎縮性側索硬化症略称):重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患)などの治験を進めています。そしてニューラル...

うつ病の発症に、多くの人が幼い頃に感染する「ヘルペスウイルス」が関係している可能性があるとする研究成果を東京慈恵会医科大学のグループが発表し、うつ病発症のメカニズムや治療薬の開発などに役立つと期待されています。多くの人が子どもの頃に感染する「ヒトヘルペスウイルス6」というウイルスが脳の一部に感染すると、ウイルスが持つ「SITHー1」という遺伝子が強く働くことを突き止めました。近藤教授は「これまで、...

精神薬は麻薬と同じ、精神科の患者はジャンキーと同じ、親が子どもを精神科にかけるのは薬漬けで殺そうとするのに同じ。治療と称するものが本当に良いことなのか?しっかりと勉強する必要がありますね。ずっと精神科にかかってドラッグを飲んでいる者たちが、99%以上といわれています。まぁ抗うつ薬でうつ病が治るわけではないので、あたり前と言えば当たり前ですよね。実は精神科の治療では精神状態の悪化は治せず、むしろ悪化...

10代の頃からうつ病が見事に寛解娘と愛と感謝に生きる幸せを味わう人生に●離婚後の人生第二幕でYSメソッドと出会う私は生まれ育った関西を離れ、嫁ぎ先である関東へ移り住み、夫とその両親との新しい生活がスタートしました。夫も義父母も嫁である私を温かく迎え入れてくれました。とくにお義母さんは明るい性格の方で、友だちのように接してくれたこともあり、新たな環境のもとで私の心の病はみるみる回復していったのです。...