CIAMS

新型コロナウイルスの流行が長期化する中、普段は穏やかな人が急に怒りっぽくなるなど性格や言動が変容したとの報告が相次いでいるそうです。

 

患者をよく見ているからわかったのでしょうが、不安などによって心の奥に隠れていた本性がでてきたんでしょうね。

 

「その人らしくない言動」に周囲が困惑したというエピソードが患者の家族や仲間の医療者からも届くようになり、シャムズを確信したそうです。

 

スポーツキッズ

 

不安も感染刷る

新型コロナに対する「見えない不安」だった。

長引く自粛生活により人とのコミュニケーションが希薄となる中で、不安は増幅。人々の間で静かに伝播(でんぱ)していっている様子もうかがえた。

 

これが怖いのは、【不安が伝播】していること。

 

つまりある集団やコミュニティによって、大きく心理状態が違うことが考えられます。
たとえばエラい人が「コロナは怖いウイルス」と思っていればそのグループは怖いという感情がどんどん広がります。
逆に「ただの風邪」とデータから事実を確認できるリーダーのまわりは、不安から解放されたグループになるわけですね。
どんな人と関わるか?
つまり人間関係もとても大切ですね。

 

 

症状なども病気とは言えず、対処法も「不安には雑談が非常に有効に働く」そうです。
ただ解消できなければ、深刻な病に発展する恐れもあるので注意が必要ですね。

 

今後、新型コロナと鬱(うつ)症状、心的外傷後ストレス障害(PTSD)との関連などの分析も進めるそうです。
これからもますますコロナうつが増えそうですね。