SNRI

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(-さいとりこみそがいやく、英語: Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; SNRI[1])は、抗うつ薬の種類である。シナプスにおけるセロトニンとノルアドレナリンの再吸収を阻害することで、これらの神経伝達物質の濃度を増加させる。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)がセロトニンのみの再吸収を阻害するのに対して、SNRIではさらにノルアドレナリンの再吸収を阻害することによって、興奮神経を刺激する。そのため、興奮に起因した不眠症のような副作用も生じやすい。

 

日本で販売されるミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシンの、精神障害での適応はうつ病である。いずれも医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律における劇薬である。

 

2013年には18歳未満で効果が確認できなかった海外での研究についての情報が、使用上の注意に記載されている。

SNRI記事一覧

サインバルタデュロキセチンデュロキセチンは、商品名「サインバルタ」などで処方される、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬です。効果デュロキセチン(Duloxetine)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる抗うつ薬の一つである。日本では2010年からサインバルタの商品名で知られる。薬事法における劇薬である。日本での適応は、うつ病・うつ状態に加え、糖尿病性神経...