うつ病の発症に、多くの人が幼い頃に感染する「ヘルペスウイルス」が関係している可能性があるとする研究成果を東京慈恵会医科大学のグループが発表し、うつ病発症のメカニズムや治療薬の開発などに役立つと期待されています。
多くの人が子どもの頃に感染する「ヒトヘルペスウイルス6」というウイルスが脳の一部に感染すると、ウイルスが持つ「SITHー1」という遺伝子が強く働くことを突き止めました。

 

 

近藤教授は「これまで、うつ病の原因は、はっきりとは特定されていなかったが、ウイルスが関与している可能性が分かった。さらに研究が進み、発症の詳しいメカニズムが解明できれば、新たな治療薬の開発などにつながるはずだ」と話しています。

 

「こころ」って言われるけど実際「脳」だからね。日々のストレスによって免疫だったり思考能力だったり影響出てくるし、身体にいろんな症状が出ててくる。

 

うつ病はガンと一緒。一度発症すれば良くなったとしてもいつ再発するか怯える事になる。
保険にも入りにくいし、変な目でも見られる。

 

これが本当なら『うつ病なんて気持ちの問題』という風潮に終止符を打てるかもしれません。『うつ病=メンタルの弱いヤツ』とレッテルを貼られることが、うつ病患者をさらに苦しめてると思うので、常識を変えていくべきかと思いますね。
自殺する人は悪くない。うつ病の発症をした人は『生きる感覚』を失い『死への恐怖』の感覚が麻痺してしまう。辛ければ今の場所から逃げてね。休んでね。大丈夫だから。あなたは悪くないからね。

 

可能性の一つだとしても、理解の難しい病気について「ただの甘え」とか、偏見が減るといいな。甘えたくないから発症することもあるわけですね。