精神薬は麻薬と同じ、精神科の患者はジャンキーと同じ、親が子どもを精神科にかけるのは薬漬けで殺そうとするのに同じ。治療と称するものが本当に良いことなのか?しっかりと勉強する必要がありますね。

 

ずっと精神科にかかってドラッグを飲んでいる者たちが、99%以上といわれています。

まぁ抗うつ薬でうつ病が治るわけではないので、あたり前と言えば当たり前ですよね。

 

実は精神科の治療では精神状態の悪化は治せず、むしろ悪化してばかりだというデータは数多くあります。
Frontiers of Psychology (フロンティア・オブ・サイコロジー) 誌に発表された研究によると、抗うつ薬を服用した人の方が、服用しなかった人に比べ、大うつ病を再発する傾向がはるかに高いことがわかっています。

 

ただなんの知識もなければ病院へ相談・・・
もちろん断薬などのメニューもあればよいのですが、投薬治療しかなければ投薬するしかありません。
医療機関にかかるにも、しっかりと調べる必要があるということです。